ホーム
  • カートに入れる

No.036_KIKIワンピースの作り方【ホームソーイング型紙シリーズ】

No.036_KIKIワンピースの作り方【ホームソーイング型紙シリーズ】

こちらは【ホームソーイング型紙シリーズ】 No.036_KIKIワンピース型紙をご購入いただいた方や、検討中の方に向けたページです。

このレシピでは、下記のKIKIワンピースの型紙を使用した作り方を紹介しています。

KIKIワンピース型紙の購入はこちら

※本型紙および作り方を使用して制作した商用利用を目的とした販売、およびコンクール等応募作品として出品することはご遠慮ください。

KIKIワンピース 仕上がりサイズ

  フリーサイズ
着丈 108cm
身幅(脇ライン) 59cm
裾周り 186cm
衿周り 70.5cm
平置きで採寸

KIKIワンピースの材料

【布の用尺】2.8m(布幅108cm~)

型紙 【ホームソーイング型紙シリーズ】 No.036_KIKIワンピース
生地 2.8m(布幅108cm~)

※生地は、リネンローン、リネンガーゼ、コットンリネン、綿ローンなどの、薄地がおすすめ

KIKIワンピース サンプルで使用した生地

今回は「生地の森」さんのラミーローン160番手(100%リネン)の生地を使いました。とても薄手のさらさらした生地です。お色は「バーミリオン」です。

KIKIワンピース 布の裁ち方図

下記の裁ち方図を参考に、布を裁断してくださいね。

【ホームソーイング型紙シリーズ】036_KIKIワンピース 裁断図
【ホームソーイング型紙シリーズ】036_KIKIワンピース 裁断図

裁断のポイント
前身頃・後ろ身頃は必ず「わ」で取るようにします。布目線を合わせてから裁断しましょう。
袖ぐり見返しは左右対称で、布目線はバイアス方向にとります。
合印の写し方や、型紙と布の裁断の仕方、型紙を扱うときのポイントなどは、ホームソーイング型紙シリーズの型紙の使い方(記号の読み方・裁断の仕方)でご確認くださいね。

縫い方のポイント

    ・ぬいしろは(指定の無い限り)1cmです。切り取った布端から1cm内側を縫います
    ・縫いはじめと縫いおわりは返し縫いをしましょう
    ・きれいな仕上げのためには、こまめにアイロンをかけるのがポイントです

KIKIワンピースの作り方

ここからは、KIKIワンピースの作り方を詳しく解説していきます。 下記の手順で縫い進めてみてくださいね。

1.布を裁断する

生地は、リネンローン、リネンガーゼ、コットンリネン、綿ローンなどの、薄地がおすすめです。
※慣れないうちは、柄合わせの必要がない無地生地や総柄・または小さな柄がよいでしょう。

前身頃・後ろ身頃は「わ」でとります。
生地の(オモテ)と(ウラ)が分かりづらい生地は、裁断するときに「目印」をつけておきましょう。今回は表面にマスキングテープを貼って目印としていきます。
ウエストベルトはワイド幅の生地を使用する場合、配置できるのであればタテに1本繋げた状態での裁断でも構いません。
お手元の生地幅や柄によって配置してください。

ワンピース手作り ワンピース作り方 ワンピース型紙

袖ぐり見返しは、左右対称に各1枚ずつ裁断します。

袖ぐり見返し

2.布端の始末

前見返し・後ろ見返し・袖ぐり見返しの布端をロックミシンまたはジグザグミシンで始末します。

見返しの布端始末

前身頃・後ろ身頃の肩と脇もロックミシンまたはジグザグミシンで始末します。

身頃の布端の始末

身頃の裾を、1cm→3cmで三つ折りします。
まだ縫いません

裾の三つ折り

裾のカーブは、アイロン定規を使うときれいに仕上がるのでおすすめです。

アイロン定規

3.肩を縫う

前身頃の後身頃を中表に重ねて肩をぬいしろ1cmで縫い合わせます。
ぬいしろはひらいておきます。

肩を縫う

前見返しと後ろ見返しを中表に重ねて肩をぬいしろ1cmで縫い合わせます。

見返しの肩を縫う

ぬいしろをひらきます。

ぬいしろをひらく ぬいしろを割る

4.衿ぐりに見返しをつける

身頃と見返しを中表に重ねます。

身頃と見返しを重ねる

肩の縫い線と前中心、後ろ中心を合わせてとめ、ぬいしろ1cmで縫い合わせます。

見返しを縫う

ぬいしろに1cm間隔で、7~8mm程の切り込みを入れます。

ぬにしろに切り込み

見返しを身頃内側へ折り返し、整えます。
身頃と見返しの肩の縫い線を合わせます。

見返しを内側にし整える

身頃のオモテから衿ぐりに布端から2mmでステッチをかけます。

衿ぐりとステッチ

見返しの浮きを押さえるため、身頃と見返しを肩の縫い線で縫いとめます。

肩線を縫う

衿ぐりを整えます。

衿ぐり ワンピース襟ぐり

5.袖ぐりの見返しをつける

身頃と袖ぐりの見返しを中表に重ねます。
前後があるので見返しと身頃の後ろ合印を必ず確認します。
袖ぐりの縫いどまりから縫いどまりまでをぬいしろ5mmで縫い合わせます。

袖ぐりの見返しをつける 袖縫いどまり

見返しを身頃から立ち上げるようにアイロンしたら、布端を5mm折ります。

見返しの端を折る

見返しを身頃ウラ側に折ります。
ここではまだ縫いません。

見返しを身頃内側に折る ワンピース袖つけなし

6.脇を縫う

前身頃と後ろ身頃の脇を揃えて、袖縫いどまりから裾までをぬいしろ1cmで縫い合わせます。
裾の三つ折りは開いて縫います。

脇を縫う

袖ぐり見返しを縫い込まないようよけて縫います。

袖ぐり見返しはよける

7.袖ぐりを仕上げる

脇の縫い目をひらきます。
袖ぐり見返しを整えてステッチします。
脇下は返し縫いをして強度をあげます。

袖口を縫う

袖ぐり見返しと脇のぬいしろを縫います。これで見返し端のひらひらを縫いとめます。

見返し端の始末

見返しとぬいしろのみを縫います。身頃は縫わないので気を付けましょう。

見返しと身頃を縫う

左右どちらも同じように袖ぐりと脇を仕上げます。

ワンピース袖ぐり ワンピース袖下

8.裾を縫う

裾の三つ折りを整えてぐるりと縫います。
三つ折りが崩れてしまったら再度1cm→3cmで三つ折りしてアイロンで整えてから縫います。

裾を縫う

9.ウエストベルトを縫う

ウエストベルトの中心を中表に重ね、ぬいしろ1cmで縫い合わせぬいしろはひらきます。
ベルトを細く半分に折り、返し口を残してぬいしろ1cmで縫い合わせます。

ウエストベルトを縫う

オモテに返して形を整えたら、返し口を縫いとじます。

返し口をとじる

角まできれいに整えましょう。

共布でワンピースウエストベルト

KIKIワンピースが完成です

KIKIワンピース 大人ワンピース 手作りワンピース ベルト付きワンピース 簡単ワンピース ワンピース型紙 ウエストベルトを使わずに、すとん、と着るだけでも着心地よく、かつ上品に。
フリーサイズですが、どんな身長・体型の方でも似合うサイジングがポイントのパターンです。
共布のウエストベルトをきゅっと締めると、シルエットに変化が出ます。こちらもまたとても素敵。
ぜひ、お作りになってみてくださいね。

KIKIワンピースの型紙はこちらから

KIKIワンピース型紙の購入はこちら

▼生地・型紙の商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。

■無料型紙を使用した製作物について OK!
サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。ただし、有料型紙(ホームソーイング型紙シリーズ)・選べるキット同封の型紙は商用利用できませんのでご注意ください。
※製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売 NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止としております。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。

それ以外に関してましては、こちらよりお問い合わせください。

キーワードからレシピ・型紙を探す

新着デザイン

新着デザイン

テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ

型紙・製図・ソーイングレシピ

ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
手作りキット

手作りキット

布・型紙・資材パーツなどセットになったソーイングキット!