無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

お裁縫のいろは

お裁縫初心者さんはもちろん、得意な方にもきっと役立つ、ソーイングのコツやテクニックを、実際にどう使うのかと合わせてご紹介します。

北欧テイストの生地(テキスタイル)デザインを集めてみました!

北欧テイストの生地(テキスタイル)デザインを集めてみました!

北欧のテキスタイルは、植物や動物などの自然をモチーフにしたデザインや幾何学模様のパターンが多く、温かみがありながらもおしゃれなので、インテリアや小物にするととても素敵ですよね。 北欧が舞台の映画を観て、北欧のインテリアやテキスタイルに憧れた方も多いのではないでしょうか。 私も、『かもめ食堂』や『ヘイフラワーとキルトシュ...
布の製品化 商用利用について

この布で作った物、販売してもいいの?商用利用可・不可の布のブランドまとめ

ハンドメイドは好きですか? 自分で作るのが好きな方、ハンドメイド作家さんの作品を買うのが好きな方。どちらも多いと思います。 最近では、バザーやフリマ以外にも、オンラインのハンドメイドマーケットも浸透してきて、誰でもハンドメイドの作品を販売することができるようになりました。 ハンドメイド作家さんはもちろん、そうでない方で...
ポイントは2つ!ギャザーをきれいによせる方法

ポイントは2つ!ギャザーをきれいによせる方法

洋服作りにワンポイント添えてくれるのが、ギャザーです。 大人服も、子ども服もたっぷりのギャザーでふんわりと。 ギャザーがきれいによると形もきれいに仕上がります。 ギャザーを上手によせるには、ひと手間が必要なんです! ちょっと面倒だなと思っても、仕上がりに差が出るこのひと手間はとっても大事です。 ギャザーのよせ方 ギャザ...
ゴム通し口の作り方・縫い方

これだけは覚えておきたい!「ゴム通し口」の作り方

スカートやパンツを作るときに、ウエストをゴム仕様にすればとっても簡単ですよね。 そこで出てくるのが、ゴム通し口です。 登場頻度も高いこのゴム通し口、完璧に作れますか? なんとなく分かる、けど100%分かっているわけではないかも…。という方も多いのではないでしょうか。 そんな方も自信を持ってゴム通し口が作れるように、基本...
100%コットンの特徴と魅力

使いやすさNo.1!100%コットン(オックス)生地の特徴と魅力

ただいまnunocoto fabricで取り扱っているのは「100%コットン(オックス)」1種類のみです。 小物系からインテリア、シャツなどの服まで使いやすさが魅力の100%コットン(オックス)生地ですが、ここで、改めて100%コットン、特にオックスという生地について紹介してみたいと思います。 そもそも100%コットン...
もう失敗しない!簡単&きれいな「布ひも」の作り方

もう失敗しない!簡単&きれいな「布ひも」の作り方

洋服や小物などを作るとき、「ひも」が必要なシーンは結構多いですよね。リボン代わりだったり、ボタンループだったり。 そんな時、市販のひもやリボンを使うのもいいけれど、せっかくの手作りですし、ひもも手作りしてみましょう。中途半端に余った細長いはぎれがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。 そんなひも作りですが、「とにかく...
手縫い まつり縫い

手縫い まつり縫い

「まつり縫い」には、いくつか種類があるんです。 スカートやパンツの裾上げや、ワッペンを縫い付けるとき、返し口をとじるときなど 用途に適するまつり縫いをご紹介。 まつり縫い ここでは、よく使う2種類をご紹介しますね。 ななめまつり スカートやパンツの裾によく使う縫い方です。 お気に入りの洋服の裾がほつれてしまった…などの...
手縫い ぬいしろの始末

手縫い ぬいしろの始末

手縫いで縫う時のぬいしろの始末のご紹介です。 そのままにしておくとほつれてきて、せっかく作ったのにすぐに使えなくなってしまうのでは 残念ですよね。 内側のぬいしろまできれいに仕上げてみましょう。 ぬいしろの始末 袋縫い ぬいしろが内側に入る縫い方です。 布端が隠れるので、仕上がりがきれいなだけでなく肌にちくちくあたるこ...
手縫い 基本の縫い方

手縫い 基本の縫い方

手縫いの基本をご紹介します。 小さい時に学校で習った「こうだったような…」でも縫えちゃいますが、 せっかく作るのであれば、よりきれいに仕上げたいですよね。 ちょっとの手間ですが、きれいに仕上げるためには大事なことですので覚えてみましょう。 縫い始め なんとなく始めていた縫い始めですが、縫い始めにもコツがあるんです。 ミ...
布地の水通しの仕方とポイント

布地の水通しの仕方とポイント

どうして水通しが必要なの? 布には、水分を含むと縮む性質のものがあります。 せっかく作った洋服も、洗濯したら縮んで形が崩れてしまった!なんてことになったら残念ですよね。 裁断前に水通しをしておくと、洗濯した時などの大幅な縮みを防ぐことが出来ます。 特に水通しが必要な布地は? リネンやコットンは、水分を含むと縮みやすい性...