無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

マグネットホックの付け方(裏地つきバッグ)

マグネットホックの付け方(裏地つきバッグ)

最近ではマグネットホックが100円均一などでも手に入るようになったので、ハンドメイドに簡単に取り入れられるようになりましたね。
そこで今回は、バッグを作るときにマグネットホックをつける方法をご紹介しますね。
マグネットホックはサコッシュなどの持ち手のないバッグにつけると安心ですよね。
つけるタイミングと位置さえ気を付ければ簡単にできますよ。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料

用意するもの

・2枚仕立てのバッグに必要な材料
・マグネットホック:1組
・接着芯:3cm×3cm程度を2枚

マグネットホックの付け方

まず、裏布の袋口になる辺から3.5cmのところに印をつけます。ヨコ位置は中央です。
印をつけたところを目打ちで小さく開け、ウラ面からも印の位置がわかるようにしておきます。
ウラ面の印部分に接着芯をアイロンで貼り付けます。
このように、2か所とも接着芯を貼りました。
オモテ面の印が中心になるようにマグネットホックの座金を置き、左右の穴位置をチャコペンで写します。
写しとった左右の穴位置をリッパーなどで開けます。
くれぐれも開けすぎないように気を付けましょう。
開けた部分にオモテ面からマグネットホックを差し込みます。
ウラ面から座金を通します。
ホックの足を両側にしっかりと倒します。硬い工具を使うとやりやすいですよ。
あとは、通常通りにバッグを作っていけばOKです。
力がかかる場所なので、できあがったバッグの袋口はぐるりとステッチしてあげると使いやすいです。
マグネットホックを袋口から少し離した位置につけてありますが、ミシンの押さえに当たらないように気を付けながらステッチしてくださいね。

今回使った布はこちら

・壁のタイルを丁寧に並べたような、洗練されたデザインのテキスタイル、Wall/デザイナー:raddiey(ラッディー)

nunocoto fabric:Wall

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。

■無料型紙を使用した製作物について OK!
サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。ただし、有料の「柄が選べるキット」に付属している型紙の商用利用はNGとなりますのでご注意ください。
※製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売 NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止としております。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。

それ以外に関してましては、こちらよりお問い合わせください。
nunocoto fabric商品ラインナップ nunocoto fabric商品ラインナップ
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
ファブリックポスター ファブリックポスター
布で飾るアート「ファブリックポスター」が新発売!
×