無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

レーヨンってどんな生地?生地の特徴を解説

レーヨンってどんな生地?生地の特徴を解説

まるでシルクのような風合いが魅力の「レーヨン」。衣服を中心に、幅広い用途で使われているレーヨンは、いまや私たちの生活に欠かせない素材のひとつです。そこで今回は、レーヨンの特徴についてご紹介していきます。

レーヨンとは?

レーヨンとは、木材パルプから取れる植物原料に薬品加工をして作られる「再生繊維」のひとつです。
つまりレーヨンは、ポリエステル・ナイロンなどの石油から作られる「合成繊維」とは違い、加工処理をすれば自然に帰すことが出来るので、環境にやさしい素材になっています。レーヨンはもともと、高級品であったシルクの代用品として開発されましたが、当時は強度や耐火性に問題がありました。
その後、科学の進歩によってさまざまな製造方法が開発され、現在私たちの身の回り品のほとんどには「HWM(ハイ・ウェット・モジュラス)レーヨン」と呼ばれる、丈夫さとしなやかさを兼ね備えた素材が使われています。また、レーヨンには「ビスコース」「モダール」「リヨセル」などいくつかの種類があり、衣料品を中心にさまざまな用途で重宝されています。

レーヨンの特徴

レーヨンは、もともと「人絹(じんけん)」と呼ばれていたほど、シルクによく似た素材です。また、植物系の原料を使っているので、「天然繊維」と「化学繊維」両方の特徴を持っています。ただし、シルクと同じようにデリケートな素材なので、取扱いの注意点もしっかり覚えておく必要があります。

特徴1:滑らかな肌触り

レーヨンの一番の特徴といえば、シルクのような滑らかな肌触りです。レーヨンは、とても細いフィラメント糸を紡いで作られるので、軽さと柔らかさ、そしてサラリとしたドライな心地良さを兼ね備えています。

特徴2:上品な光沢感

レーヨンには、シルクのような透明感のある光沢があります。そのため、オン/オフで使えるシャツ・ブラウスにはぴったりの素材です。また、レーヨンは染色性にも優れているので、美しい色の生地が豊富にあるのも魅力のひとつです。

特徴3:通気性に優れている

レーヨンは、通気性・吸湿性に優れているので、春夏の衣服はもちろん、秋冬衣服の裏地にも使われている素材です。この通気性の良さも、シルクの特徴とよく似ています。

特徴4:ドレープ性に優れている

レーヨンは、とてもしなやかで、ドレープ性に優れた素材です。この特徴は、衣服としての動きやすさと、見た目の美しさに大きく関係しています。

特徴5:価格が手頃

シルクとよく似たレーヨンですが、大きく違う点が価格の手頃さです。もちろん、シルクにしかない魅力はたくさんありますが、とくに普段使い用の衣類などにおいては、価格が手頃であることも大切なポイントです。

レーヨンの取り扱い上の注意

レーヨンの取り扱いで、とくに気を付けるべき点は3つあります。
まず1つめは「水に弱い」という点です。水洗いによる縮みはもちろん、レーヨンは水分を吸うと生地の強度が落ちてしまうデメリットがあるので、洗濯方法には注意が必要です。
2つめは「熱に弱い」という点です。ポリエステルのような発火性はないので、普段の使用には問題ありませんが、アイロンをあてる際は変色・変形に十分注意しましょう。
3つめは「シワになりやすい」という点です。水洗いが可能な場合でも、シワを防ぐことはできないので、脱水時間を短くするなど工夫が必要です。また、保管方法についても出来るだけハンガーにかけて収納するようにしましょう。
ただし、レーヨンの中には仕上げ加工によって、デメリットをカバーした生地もあります。また、他の素材と混紡することで、洗濯・アイロンが可能な生地もあるので、必ず品質表記を確認してから手入れするようにしましょう。

仕立てるのに向いているアイテム

レーヨンは、薄地で滑りやすい生地なので、ソーイング難易度はすこし高めです。また、レーヨン100%で作れるアイテムにも限りがあります。今回はレーヨン100%の生地でも作れるアイテムをご紹介しますが、レーヨンは他の素材と混紡する事で、縫いにくさ・強度の低さを補える生地なので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

シャツ・ブラウス

レーヨンを使った春夏用のシャツ・ブラウスは、定番のおすすめアイテムです。肌触りの良さはもちろん、レーヨンは通気性・吸湿性に優れているので、汗をかく時期でもサラリと気持ちよく着ることができます。

パジャマ

滑らかな肌触りと、通気性の良さが魅力のレーヨンは、パジャマにもぴったりの素材です。扱いやすさを重視したい方は、コットンやポリエステルとの混紡素材がおすすめです。

裏地として

吸湿性に優れたレーヨンは、衣服の裏地に使われることが多い素材です。色のバリエーションも豊富で、価格も手頃なので、一生ものの1着を作りたい方には是非おすすめです。

レーヨンのお手入れの仕方

レーヨンは水・摩擦に弱い素材なので、基本的にはドライクリーニングがおすすめです。ただし、コットン・ポリエステルなどの混紡素材や、仕上げ加工によって水洗いが出来るレーヨンもあるので、かならず品質表記を確認するようにしましょう。また、水洗い可能な場合でも、決して水・摩擦に強いわけではないので、注意して取り扱うようにしましょう。

では、水洗い可能な生地の洗濯方法についてご紹介します。まずはじめに、レーヨンは水分を吸収すると生地の強度が落ちてしまうので、洗濯機は使用せず、軽めに手洗いするのがおすすめです。水温は、低すぎても高すぎても縮みの原因となるので、30度前後のぬるま湯を使用しましょう。洗剤は中性洗剤を使用し、決して揉んだり擦ったりせずに、優しく上下に動かして汚れを落としましょう。次に乾燥方法ですが、レーヨンは熱に弱い素材なので、乾燥機を使用することはできません。また、脱水をしすぎるとシワの原因になるので、多少水が残った状態で、天気の良い日に陰干しするようにしましょう。  


レーヨンは、手頃な価格でありながら、特徴も風合いもシルクによく似た魅力的な素材です。ソーイング含めて少し扱いは難しいですが、春夏のシャツ・ブラウスにはとてもおすすめの素材です。ぜひ参考にしてみてください。

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。

■無料型紙を使用した製作物について OK!
サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。ただし、有料の「柄が選べるキット」に付属している型紙の商用利用はNGとなりますのでご注意ください。
※製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売 NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止としております。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。

それ以外に関してましては、こちらよりお問い合わせください。
nunocoto fabric商品ラインナップ nunocoto fabric商品ラインナップ
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
ファブリックポスター ファブリックポスター
布で飾るアート「ファブリックポスター」が新発売!

キーワードから記事を探す

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグ