無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

基本のブックカバーの作り方

基本のブックカバーの作り方

本は好きですか? ゆっくりページをめくりながら読書する時間は格別なひとときですよね。
居心地の良いブックカフェも増えていますし、電車の中で読書している人も知的な雰囲気で素敵だなと思います。

ブックカバー 作り方

ブックカバーを好きな布で手作りしたら、お気に入りの本を片手にちょっと出かけてみませんか?
通学・通勤にも大活躍なので、新生活が始まる前にそろえるアイテムに加えてみてはいかがでしょうか。

まずは基本の文庫本用のブックカバーから。文庫本はサイズも一定なので、作りやすいですよ。気軽な手作りアイテムとしてもおすすめです。

基本のブックカバーの材料

■仕上がりサイズ:広げた横幅32cm(通常の文庫本がぴったり入るサイズ)

■各パーツのカットサイズ(ぬいしろ込)
・表用の布:タテ17.5cm×ヨコ40cmを1枚
・裏用の布:タテ17.5cm×ヨコ40cmを1枚
・ベルト:リボンまたはテープなど 約18cmを1本

ブックカバー 作り方

基本のブックカバーの作り方

【作業時間】30分 レベル★☆☆

1.布をカットする

まずは表用の布と裏用の布の片側の角を、タテ・ヨコ4cmのところで斜めにカットします。 このサイズでぬいしろ5mmで縫った場合、文庫本がぴたっと収まるサイズ感です。
もう少しゆったりとしたサイズにしたい方は、布の大きさやぬいしろで調整してみてくださいね。


柄の向きに上下がある場合の布の裁ち方

もし布に上下の向きがある場合は、台形の向きを間違えると片面が逆さまになってしまいます。
表用の布はオモテ向きに置いたときに台形が右側になるように、裏用の布はオモテ向きに置いたときに台形が左側になるようにカットしましょう。

 

2.ベルトを仮止めする

裏用の布(内側になる布)をオモテにし、布端から12cmのところにベルトを置いてまち針でとめます。 ベルトは表紙を挟めるようにするため、少しだけ緩んでいるぐらいで大丈夫です。
ベルトを縫って仮止めします。


本縫いの時にはみ出さないよう、なるべく布端3mmのあたりを縫いましょう。


3.片側を縫う

ベルトを縫いつけた裏用の布に表用の布を中表で合わせてまち針でとめ、直線の方をぬいしろ5mmで縫います。


4.折りたたんで縫う

縫った直線側の布端から7cmのところにチャコペンで印をつけます。 反対側の台形の中央部分にも返し口を4cmほどとって印をつけます。(厚手の生地の場合はもう少し長くとったほうが返しやすいです)
直線側を中表の状態でM型に折りたたみ、まち針でとめます。 先ほど印をつけた部分が山になるように折ります。
ぬいしろ5mmで上下と台形の部分を縫っていきます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。
返し口の部分は特にしっかりと返し縫いします。
角の部分は縫い目から2~3mm残して切り落とします。
こうすることで、表に返したときに角がきれいに出ます。


5.返し口から全体をひっくり返す

返し口から全体を引っ張り出して返します。
全体が引き出せたら、目打ちを使って角をきれいに出していきます。

目打ちを使って角をきれいに出す方法や角をきれいに仕上げる方法は、こちらの ぬいしろの始末(見えないとこ・凸編 に詳しく書いてあるので、良かったらよんでみてくださいね。

6.返し口をとじる

返し口にアイロンをかけて折り目をつけます。アイロンで折り目をつけることでまつり縫いがきれいに仕上がります。 返し口をまつり縫いで縫いとじます。

基本のブックカバーが完成!

返し口をとじたら、全体を整えてアイロンをかけ、完成です!!
表はこんな感じ。フラットです。
ブックカバー 作り方 裏はこんな風になりました。このぐらい幅広のテープだと、表紙がするっと抜けることがなくて安心です。
ブックカバー 作り方 ポケットになっている部分に本の裏表紙を入れて、ベルトを表紙に通します。
台形部分を折って使いましょう。

ブックカバーを本につけて出かけよう!

いかがですか♪ こんな素敵なブックカバーなら、近所のお散歩も電車の中も楽しくなっちゃいますね!


―宝島の海賊たちが盗んだ財宝よりも、本には多くの宝が眠っている。そして、何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。―

これはウォルト・ディズニーの言葉だそうです。
自分で作ったお気に入りのブックカバーをつけたとっておきの本を片手に、宝を味わう毎日を過ごしてみませんか。

今回使った布はこちら

クールだけど温かみもある、大人のテキスタイル、nunocoto: shizuku(雫)グレー

shizuku(雫)グレー【540円(税込)/10cm】
shizuku(雫)グレー

こちらは色違いの、nunocoto: shizuku(雫)ピンク

shizuku(雫)ピンク

ブックカバーに向いている生地は?

基本的には、織物であればどんな生地でも大丈夫です。作りやすいのはブロードオックスカツラギダンガリーシャンブレーなどの生地ですが、裏地を上記にあげた布にすればローンガーゼなどの透け感のある生地も使えます。
また、頑丈なブックカバーを作りたい場合は表地にキャンバスデニムなどの厚手の生地を使うと良いでしょう。別珍グログランリネンを表地に使っても素敵です。防水性を持たせたい場合はラミネート加工された生地や合成皮革で作ることもできます。

身近な布、手ぬぐいでもブックカバーが作れます

手ぬぐい 木綿でできていて風合いが良い手ぬぐい。柄も古典的なものからモダンなもの、かわいいものまで素敵な手ぬぐいがたくさん売っているのを見かけますよね。
そのまま手ぬぐいとして使うのも良いですが、やわらかくて丈夫なので、ブックカバーにもおすすめです。柔らかすぎるかな、という場合は接着芯を貼っても。

ブックカバーに使うベルトはどんなものがおすすめ?

今回ブックカバーのベルトに使ったのは杉綾テープで、これはシンプルで厚みもないので、すっきりとスタンダードな感じに仕上がります。
比較的安くて手に入れやすいのも特徴です。 他には、グログランリボンサテンリボンなどのリボン類、山形テープチロリアンテープなどのテープ類も種類が豊富で使いやすいです。ちょっと個性が出るので、好みに合ったものを選んでくださいね。また、リボンの場合、あまり幅が細すぎない方がベターです。
また、より機能的にしたいのであれば平ゴムなどを使ってみても良いと思います。

しおり紐で個性を出しても♪

しおり代わりの紐を縫い付けておくと便利ですよね。(表布と裏布2枚を縫い合わせる際に、挟んで縫い付けます) 素材は、ワックスコードリネンコードなどのコード類もさりげなくて良さそうです。 ちょっと大人っぽくしたいなら、断然皮紐がおすすめです。紐としても売っていますし、レザーのハギレを好きな太さ&長さにカットしてしまうのも素敵ですよ。

ブックカバーは洗濯もできる?

読書は色々な場所でしますし、カバンの中に入れておくと汚れることが多いので、ブックカバーは洗濯できた方が良いですよね。
ブックカバーに向いている生地は?であげた生地は、ラミネート加工された生地と合成皮革以外は洗濯することができます。生地にもよりますが、基本は洗濯ネットに入れて洗濯することをお勧めします。

今回紹介したのは、基本のブックカバーの作り方です。一番オーソドックスなタイプですね。
もっと簡単な、ボンドで作れるタイプや、新書用のブックカバーの作り方も紹介していますので、こちらもどうぞ! ブックカバー 作り方 手作り

合わせて読みたいおすすめ記事
両面テープで作れる!かんたんブックカバーの作り方
新書用のたて長ブックカバーの作り方

nunocoto fabric全ラインナップ(生地一覧) nunocoto fabric全ラインナップ(生地一覧)
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。

SNSをフォローして最新情報を受け取ろう!

Line

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。
また、サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。
ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙の商用利用について NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)に関する問い合わせ、作り方、または型紙のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。