無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

キャンプ道具・裁縫道具・工具入れにも◎何でも入れて持ち歩けるツールロールケースの作り方

キャンプ道具・裁縫道具・工具入れにも◎何でも入れて持ち歩けるツールロールケースの作り方

【作業時間】60分 レベル★★★☆☆

いろいろな道具をざくざく入れて、パタンと閉じてくるくる巻いて持ち歩けるツールロールケース。
キャンプやBBQで使うキッチンツールやカトラリー、裁縫や工具など、いろいろなものを入れることができます。帆布(キャンパス生地)で作るので、ナイフケースとして使うこともできますよ。
また、かけたり結びつけることができるので、壁やイスにかけたり木に結んだりと、いろいろなシチュエーションで使うことができますよ。
こちらのツールロールケースは3枚の布とひもで作ることができます。
ひとつ持っているだけでも便利なので、ぜひ作ってみてくださいね。

ツールロールケースの材料

※仕上がりサイズ:タテ68cm×ヨコ38cm(開いた状態)

■用尺:タテ1m×ヨコ40cm
■各パーツのカットサイズ(ぬいしろ込)
・帆布(キャンパス生地):
(本体)タテ70cm×ヨコ40cmを1枚
(ポケット1)タテ20cm×ヨコ38cmを1枚
(ポケット2)タテ10cm×ヨコ38cmを1枚
・ひも(平紐or丈夫な細めの丸紐):
(ひも1)30cmを2本
(ひも2)1mを1本
(ひも3)1mを1本
(ひも4)10cmを2本

ツールロールケースの作り方

1.ポケット口を縫う

ポケット1とポケット2の布の上辺を1cm折ってアイロンをかけます。
内側(ウラ側)に折っても良いのですが、汚れのひっかかりや出し入れを考慮すると、外側(オモテ側)に折るのがおすすめです。

2.本体の端処理をする

本体パーツの4辺すべてをウラ側に1cm折り、折り目をしっかりとつけます。
本体はロールした時に表面にくる面を表にしたいので、道具をしまうポケットがある面をウラ面とします。
まずは角の処理をします。
角の折った部分を開き、折り目の交点を通る斜め45°の線をチャコペンでひきます。(写真参照)
写真のように斜め半分に折り、チャコペンで印をつけた部分を縫い合わせます。
ぬいしろを2mm程度残してカットし、ぬいしろを割ってひっくり返します。

3.ポケットとひも1、2、3を縫い付ける

ポケット1を本体の下端から3cmのところにまち針でとめ、ポケット1の下端部分を本体に縫い付けます。
四つ角を目打ちでしっかりと出します。
ひも1を本体に縫い付けます。
細めの丸紐を使う場合は、縫い目から抜けてしまわないように先を結んでおきます。
本体上部の2つの角それぞれにひも1を挟み込むように縫い付けます。
ひも2をポケット1の口から3cmのところに片側だけ挟み込むように縫い付けておきます。
ポケット2の下端を、本体下部の折り目に沿ってまち針でとめます。
再び折り目にそって周囲折ってアイロンをかけたら、ぐるりと1週ステッチをかけます。
下端の部分はポケット2も一緒に縫い付けるため、はずれないように気を付けて縫いましょう。
ポケット2の口から3cmのところに、ひも3を左右対称になるように置いて、本体の両端に縫い付けます。
ポケット1の上に縫いつけたひもの反対側も本体の端に縫い付けます。
ひもの先を玉結びます。

4.ポケットを分ける

ポケット部分にステッチしてポケットを分けていきます。
ここでは1/4幅のポケット2つと1/6幅のポケット3つになるようにステッチしましたが、入れたい道具を想定し、好きなようにステッチしてポケットを分けてくださいね。
ポケット口の部分とひも部分は、返し縫いをして丈夫にしておきます。

5.ひも4を縫い付ける

ひも1ひも3が合わさるようにパタンと折り、アイロンで折り目をしっかりと付けます。
折ったところを開き、折り目の真下に合わせて両端に半分に折ったひも4の先を縫い付けます。
再びパタンと折り、折山から1cmのところを縫い合わせます。

ツールロールケースが完成!

さあ、これでツールロールケースの完成です!
さっそく道具をしまってみましょう。
道具を入れたらパタンと閉じて、ひも1とひも3をキュッと結びます。
ツールロールケースをくるくる巻いて、、、
ひも2でくるくる巻いてとめたらコンパクトに。。
裁縫道具を入れても良いですね。
使うときは、ミシンのそばの壁にかけたり、机の横やイスにかけたり。
かけたままパタンと閉じれるので、ほこりよけもできるんです。

■アウトドアツールにはパラコードが便利

ツールロールケースにアウトドア道具を入れてで使う場合は、ひもをパラコードにして作るのも良いですね。
キッチン道具やカトラリー類を入れてアウトドアへ。
木に結んだり、
ひもにコップをぶら下げたり。
キッチンペーパーをとりつけることもできるんですよ。
キッチンペーパーを結んでいたパラコードをほどき、ペーパー芯の中を通します。
パラコードの両端をツールロールケースのひもに結べば、キッチンペーパーをとりつけることができますよ。
フックを使ってイスにひっかけるのも良いですね◎
パタンと折ってキュッと結べば、中の道具が落ちる心配もありません。
くるくる巻いて、持ち歩きも簡単です。

今回使った布はこちら

あらふしぎ。上から見ても団地、ひっくり返して下から見ても団地。まるでマジック絵みたいなデザインのテキスタイル、団地/デザイナー:藤原千晶

nunocoto fabric:団地
※ここではキャンパス地(11号帆布)を使っています。

11号帆布相当の厚みのキャンパス地、白い布(無地・キャンバス-11号帆布-)

nunocoto fabric:白い布(無地・キャンバス-11号帆布-)
※ここではキャンパス地(11号帆布)を使っています。

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。
また、サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。
ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙の商用利用について NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)に関する問い合わせ、作り方、または型紙のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。
nunocoto fabric商品ラインナップ nunocoto fabric商品ラインナップ
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
ファブリックポスター ファブリックポスター
布で飾るアート「ファブリックポスター」が新発売!
×