無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

ダンガリーってどんな生地?生地の特徴を解説

ダンガリーってどんな生地?生地の特徴を解説

独特な色ムラと、奥行きのある風合いが魅力の「ダンガリー」。シャツ、ワンピースなど、衣服に使われることが多いダンガリーですが、風合いが似ているデニムとの違いが気になる方も多いと思います。そこで今回は、ダンガリーの特徴と合わせて、デニムとの違いについてもご紹介していきます。

ダンガリーとは?

ダンガリーとは、「タテ糸に白糸・ヨコ糸に色糸」を使った綾織り生地のことをいいます。基本的に織物というのは、「生地の表側にタテ糸」「生地の裏側にヨコ糸」があらわれます。そのため、ダンガリーの表側には色糸ではなく、白糸が多くあらわれているのが特徴です。色はインディゴ糸を使ったブルーの生地が多く、素材もコットン100%が主流です。ほかにも、春夏に人気のリネンダンガリーや、ポリウレタンを混紡したストレッチ生地などもあります。ダンガリーは、デニムよりも薄地で織られることが多いため、おもにシャツ、ワンピースなどの軽めの衣服に多く使われています。

ダンガリーの特徴

特徴1:奥行きのある色ムラ

ダンガリーの一番の特徴といえば、奥行きのある色ムラです。またデニムと違い、白糸が多く生地面にあらわれているので、見た目にも軽さがあり、コーディネートしやすいのもポイントです。

特徴2:軽くて丈夫

ダンガリーは、もともとワークウェアに使われていた生地なので、とても丈夫なのが特徴です。また、デニムに比べて薄地な分、軽くて着やすい生地になっています。

特徴3:扱いが簡単

ダンガリーは綾織り生地の一種なので、自宅で水洗いすることが出来ます。とくに汗を多くかく暑い時期には、また、摩擦にも強く耐久性があるので、大人用はもちろん、よく動く子供用の衣服にもおすすめの生地になります。

特徴4:経年変化が楽しめる

ダンガリーは、デニムと同じくインディゴ糸を使っているので、年月と共に風合いが変化し、身体に馴染んでいくのが特徴です。そのため、ひとつのアイテムを長く愛用したい方には、ぴったりの生地になります。

「ダンガリー」と「デニム」の違い

ダンガリーとデニムは、どちらも綾織り生地ですが、「色糸と白糸の使い方が逆」になります。ダンガリーは「タテ糸に白糸・ヨコ糸に色糸」を使いますが、デニムは「タテ糸に色糸・ヨコ糸に白糸」を使って織られます。そのため、ダンガリーの表側には白糸の部分が多くあらわれており、デニムの表側は色糸(ブルー)の部分が多くあわれているのが特徴です。また、ダンガリーはデニムに比べて薄地のため、おもに春夏の衣服に使われることが多い生地になります。ただし、近年では綾織りではなく平織りのダンガリーも作られており、シャンブレーに風合いが似ている生地もあるので、生地選びの際には注意しましょう。

ダンガリーの取り扱い上の注意

ダンガリーは、使用している素材にもよりますが、生地自体は丈夫なので気軽に扱って問題ありません。ただし、インディゴ糸の色移りを防ぐために、最初の2~3回は白いものと一緒に洗わないようにしましょう。また、汗などで生地が濡れると、インナーやバッグなどに色移りする可能性があるので、とくに夏場の着用には気を付ける必要があります。

仕立てるのに向いているアイテム

ダンガリーは、衣服に使われることが多い生地ですが、適度に厚みがあり縫製しやすい生地なので、いろいろなアイテムに使うことが出来ます。そこで今回は、定番のおすすめアイテムと、初心者の方でも作れる簡単なアイテムをご紹介していきます。

シャツ・ワンピース

ダンガリーは、デニムに比べて薄地なので、衣服の中でもトップスに向いている生地です。その中でも、シャツ・ワンピースは定番のおすすめアイテムです。生地に風合いがあるので、シンプルなデザインでも可愛く、そしてかっこよく作ることが出来ます。春夏用であれば、涼しくて、透け感も気にせず使えるリネンダンガリーがおすすめです。

トートバッグ・エコバッグ

ダンガリーは丈夫でありながら、しなやかで軽く、バッグにもぴったりの生地です。また洗濯が可能で、色落ちも風合いの変化として楽しめるので、毎日使うエコバッグもおすすめアイテムのひとつです。

コースター・ランチョンマット

色ムラがあるダンガリーは、汚れが目立ちにくいので、キッチンインテリアにもおすすめです。生地に適度な厚みがあり、洗濯による型崩れもしにくいので、気軽に扱えて長く使えるのもポイントです。

ポーチ(オムツ入れなど)

キッチンインテリアと同様に、丈夫で汚れが目立ちにくいダンガリーは、オムツ入れなどのポーチにもぴったりです。ほかにも、ティッシュケースや、巾着型の小物ポーチなども簡単に作れるのでおすすめです。

ダンガリーのお手入れの仕方

ダンガリーは、デニムと同じように、自宅で水洗いすることが可能です。デザインにもよるので、品質表記の確認は必要ですが、コットンはもちろん、リネンを使った生地でもほとんどは洗濯機で洗うことが出来ます。ただし、インディゴ糸を使った生地は、どうしても色落ちするので、裏返してから洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。また、ノンウォッシュのダンガリーは縮む可能性があるので、最初に一度水通しすることをおすすめします。洗濯後、自然乾燥する場合は、脱水をしっかり行い、手でしわを伸ばしてから干すようにしましょう。アイロンも、ストレッチ生地以外は気兼ねなく使用することが出来るので、あて布をするか、裏側から高温であてるようにしましょう。

見た目はデニムに似ているダンガリーですが、生地が薄い分、デニムでは不向きなアイテムもダンガリーだと作ることができます。とくに、丈夫さと扱いやすさが重要な小物にぴったりの生地なので、ぜひ一度簡単なアイテムからでも作ってみてはいかがでしょうか。

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。
また、サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。
ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙の商用利用について NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)に関する問い合わせ、作り方、または型紙のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。
nunocoto fabric商品ラインナップ nunocoto fabric商品ラインナップ
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
ファブリックポスター ファブリックポスター
布で飾るアート「ファブリックポスター」が新発売!
×