無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

ファスナーを隠して付ける縫い方のコツ【洋服編】

ファスナーを隠して付ける縫い方のコツ【洋服編】
nunocoto fabricの人気記事ファスナーの付け方第3弾は、コンシールファスナーの付け方です。
コンシールファスナーとは、ファスナーのかみ合わせの部分や縫い目が表から見えなくなる便利なファスナーで、ワンピースの背中部分などによく使われています。

専用のファスナー押さえも必要なので、お洋服作りの中でもニガテ意識がある方、いるかもしれませんね。
だけど、大丈夫!丁寧に手順に沿って縫い進めていけば、誰でもきれいに縫えますよ!
今回は、そんな表から見えないコンシールファスナーの付け方を紹介します。

1.ファスナーの付け位置に粗い目のミシンをかける

後ろ中心部分は、中表にして、縫い合わせ、ファスナーを付ける部分には、あき止まりまで粗い目のミシンをかけます。 あき止まりより下は、普通の縫い目でミシンをかけ、アイロンで割ります。

2.コンシールファスナーを縫い付ける

コンシールファスナーの中心と1.でかけた粗ミシンの縫い線を合わせ、ぬいしろにファスナーをしつけします。(厚紙をはさむとワンピース本体を縫いこまずにできますよ。)
※ファスナーのスライダー始まりが、出来上がりから1cm下に来るようにファスナーを置きます。
ファスナー付け位置の縫い目をほどきます。
ファスナーのスライダーをあきどまりの下までさげます。
ミシンの押さえをコンシールファスナー押さえにします。
ファスナーを縫い付けます。
余分なファスナーはカットし、ファスナーと縫い代を0.1㎝で縫い留めます。
裏の留め金具の位置を調整し、ペンチを使って固定します。
余ったファスナーは、2cm残してカットします。

ちょっと難しそうなコンシールファスナーの付け方ですが、しつけをしっかりとすることで、きれいに仕上げることができますよ。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。
▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。
また、サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。
ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙の商用利用について NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)に関する問い合わせ、作り方、または型紙のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。
nunocoto fabric商品ラインナップ nunocoto fabric商品ラインナップ
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
ファブリックポスター ファブリックポスター
布で飾るアート「ファブリックポスター」が新発売!