無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

ポケットいっぱいで収納力抜群。ツールバッグの作り方

ポケットいっぱいで収納力抜群。ツールバッグの作り方

【作業時間】120分 レベル★★★☆☆

ポケットがたくさんあって、いろいろなものを収納できるツールバッグ。
日常に使うバッグとしてはもちろんのこと、ガーデニングなどにもぴったりのバッグです。
今回そんなツールバッグを、nunocoto faburicの『IRO MUJI』のキャンバス厚手生地(帆布)を使って作ってみました。
IRO MUJIは表が色無地で裏が白い布なので、ポケット口やバッグ口部分を表側に三つ折りすることで白いラインができ、シャープでメリハリのあるバッグになるんです。
もちろんIRO MUJI以外の布でも作れるので、ぜひ作ってみてください。
本体パーツと底パーツのカットサイズが同じなのでカットしやすく、先に本体にポケットと持ち手を縫い付けてから底と脇を縫うので、見た目よりは簡単に作れちゃうレシピですよ。

ツールバッグの材料

※仕上がサイズ:タテ22cm×ヨコ40m×マチ10cm
■各パーツのカットサイズ(ぬいしろ込)

・厚手の布:
(本体)タテ20cm×ヨコ42cmを2枚
(底)タテ20cm×ヨコ42cmを1枚
(ポケット)タテ15cm×ヨコ42cmを2枚
(持ち手)タテ70cm×ヨコ7cmを2枚
・カシメ金具:4組(足が短いタイプがおすすめです)

ツールバッグの作り方


1.本体パーツとポケットパーツの口部分を始末する

本体パーツの2枚の口部分(上の辺)を5mm→5mmに三つ折りしてアイロンをかけます。
5mmが難しければ、1cm→1cmの三つ折りでも大丈夫です。
三つ折りした部分にステッチします。
ポケットパーツ2枚の口部分(上の辺)を5mm→5mmに三つ折りしてアイロンをかけ、ステッチします。
こちらも5mmが難しければ、1cm→1cmの三つ折りでも大丈夫です。

2.持ち手を本体に縫いつける

ひもパーツの長辺を内側に1cmずつ内側に折り、アイロンで折り目をつけます。
ヨコ半分に折り、再度アイロンで折り目をつけます。
持ち手2本できました。この時点ではステッチをかけません。

本体とポケットを下の辺を合わせて重ね、中心から左右に7cmずつのところに印をつけます。
持ち手の内側を印に合わせ、下の端を仮縫いします。
ステッチをかけるように、持ち手を本体に縫い付けていきます。
こんなふうにステッチして縫い付けます。

3.底を縫いつける

底パーツの布を、写真に記載した寸法でカットします。
本体の片方と底パーツを中表で合わせ、ぬいしろ1cmで縫い合わせます。
この時、本体の下の辺に合わせましょう。
もう片方の本体と底パーツを中表で合わせ、ぬいしろ1cmで縫い合わせます。

ぬいしろにロックミシンやジグザグミシンをかけます。
バイアステープでくるんで縫ってもよいですよ。
ぬいしろを底側に倒し、本体と底の縫い目の際に表から押さえミシンをします。
押さえミシンをするのは底側です。

4.脇と底マチを縫う

両脇をぬいしろ1cmで縫い合わせ、ぬいしろにロックミシンまたはジグザグミシンをします。
底マチ部分をぬいしろ1cmで縫い合わせ、ぬいしろにロックミシンまたはジグザグミシンをします。
バッグ本体ができあがりました。

5.カシメ金具をつける

ツールバッグはたくさんの道具を入れるものなので、力がかかる持ち手部分に補強のためのカシメ金具をつけます。
まず、持ち手と本体が重なる部分4か所に目打ちで穴をあけます。
穴をあけた部分にカシメ金具をはめ、金づちと打ち棒でとりつけます。
もしカシメ金具が手に入りにくい場合は、持ち手と本体が重なる部分を四角くステッチして補強しても良いですよ。

ツールバッグが完成!

さあ、これでツールバッグが完成です!
ポケットは全部で6つあるので、たっぷり道具を入れられますね。
ポケットが多くてもすっきりとしたデザイン。
白のラインがきいています。
持つとこのくらいのボリュームです。
日常使いにちょうどよいサイズ感ですね。
内側はこんな感じでです。
口を表側に三つ折りしているので内側の口部分がきれいなのも特徴です。
『たっぷりマチのショルダートートバッグ』を応用した、大きめツールバッグも作ってみました。

■各パーツのカットサイズ(ぬいしろ込)

※仕上がサイズ タテ31cm×ヨコ50cm×マチ20cm
・厚手の布:
(本体)タテ30cm×ヨコ52cmを2枚
(底)タテ30cm×ヨコ52cmを1枚
(ポケット1)タテ20cm×ヨコ52cmを1枚
(ポケット2)タテ20cm×ヨコ20cmを1枚
(持ち手・ショルダーベルト)タテ90cm×ヨコ10cmを3本

基本的な工程はこちらで紹介しているツールバッグの作り方ですが、底マチ部分は折りたたんで脇と一緒に縫い合わせ作っています。
こちらの持ち手は小さめのカシメ金具を2つ並べてつけました。
ショルダーベルトもつけました。
また、脇に革をカシメ金具でとりつけ、ぬいしろを隠してみました。
内側からみてもカシメ金具がアクセントになっています。
表の色とのコントラストも良いですね。

今回使った布はこちら

IRO MUJI(サンドベージュ)
nunocoto fabric:IRO MUJI(サンドベージュ)

IRO MUJI(オリーブグリーン)
nunocoto fabric:IRO MUJI(オリーブグリーン)

◎その時の気分にぴったりフィットするようなシーズンカラーで展開している色無地のテキスタイル、IRO MUJIの全ラインナップはコチラ

nunocoto fabric:IRO MUJI

nunocoto fabricオリジナルの生地はこちら

nunocoto fabric全ラインナップ(生地一覧) nunocoto fabric全ラインナップ(生地一覧)
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
クリスマスツリータペストリー クリスマスツリータペストリー
1枚の布でクリスマスムードを演出できる、北欧風のツリータペストリー。
ただいま先行販売中につき、送料無料!(10/22まで)

SNSをフォローして最新情報を受け取ろう!

Line

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。
また、サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。
ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙の商用利用について NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)に関する問い合わせ、作り方、または型紙のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。