無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

ワッフルってどんな生地?生地の特徴を解説

ワッフルってどんな生地?生地の特徴を解説

まるで編み物と織り物を組み合わせたような、ざっくりとした風合いが魅力の「ワッフル」。もともとタオル・シーツなどの生活用品として重宝されてきた生地ですが、今では衣類としても人気が高まっています。そこで今回は、ワッフルが持つ特徴と魅力をご紹介していきます。

ワッフルとは?

ワッフルとはその名の通り、生地面にお菓子のワッフルのようなマス目上の凹凸がある織り物です。この凹凸は、タテ糸とヨコ糸を浮かすことで作られています。ワッフルは、重厚さがありながらとても柔軟で吸水性にも優れているため、タオル・シーツに多く使われてきました。衣類としては、もともとアウトドア・ミリタリー用の下着であった「サーマル」が、ワッフル生地を使った代表的なアイテムです。またワッフルと同じ構造で、織り目がひし形上の凹凸になっている生地を「ハニカム」といいます。日本では、蜂の巣に似ていることから「蜂巣(はちす)織り」とも呼ばれています。

ワッフルの特徴

生地面の凹凸は、単に見た目が可愛いというだけでなく、機能面でのメリットがちゃんとあります。それらが生み出す特徴をいくつかご紹介していきます。

特徴1:柔軟性がある

ワッフルは糸を浮かせて作られているため、包み込むような柔らかい肌触りを持っています。また生地に厚みはありますが、決して重たいわけではないので、バスタオルなどの大きいものからベビー用品の小さいものまで、肌に触れるいろいろなアイテムで活躍してくれます。

特徴2:伸縮性に優れている

織り物でありながら、まるでニットのような伸縮性があるのもワッフルの特徴です。その上でニットよりも強度が高いので、着やすくて比較的扱いやすいのが衣類として人気が高いポイントです。

特徴3:吸水性・吸湿性が高い

ワッフルは糸と糸との間に空間がある構造なので、吸水性・吸湿性にとても優れています。そのため、シーツ・タオルといった汗や水分の吸収が必要なアイテムとして古くから重宝されてきました。

特徴4:適度な保温性

生地面の凹凸は、生地と体の間に空気の層を作り出し、体温を逃がさない効果があります。一方で通気性にも優れているので、秋冬はもちろん、春夏も快適に使うことができます。

特徴5:毛羽立ちが目立ちにくい

織り物は、どうしても使用していくと毛羽立ちが出てしまうのが難点です。ただしワッフルは、もともと生地面に凹凸があるので、他の織り物と比べて毛羽立ちが目立ちにくいというメリットも持っています。

ワッフルの 取り扱い上の注意

ワッフルの大きな注意点としては、洗濯による変形と縮みがあげられます。織り物ではありますが、ワッフルは決して強い生地ではないので、特に衣類は手洗いを心がけましょう。またソーイングをする際は、必ず生地の段階で一度水通しをすることをおすすめします。不安な方は、すでに縮みを出した状態で売られている生地もあるので、そちらを選ぶと良いでしょう。

仕立てるのに向いているアイテム

ワッフルは大きく分けて「コットン」を使ったものと「リネン」を使ったものがあります。そこで今回は、素材に合わせたおすすめアイテムをご紹介していきます。

サーマル・カットワンピース×コットンワッフル

見た目にもボリュームがあってかわいいワッフルは、定番のサーマル、気軽に使えるカットワンピースなどの洋服にぴったりです。生地は薄地〜中地厚のコットンワッフルが着やすくておすすめです。よく動いて汗をかく子供にも、シーズンを通して重宝するはずです。

タオル×コットンワッフル

ふんわりと柔らかい肌触りと抜群の吸水性を持つワッフルは、タオルに最適の生地です。生地は厚めのものを選ぶと、ふんわり感が持続するのでおすすめです。

キッチンクロス(布巾)×リネンワッフル

テーブル拭きや、食器を拭くキッチンクロスには吸湿性と撥水性に優れたリネンクロスがおすすめです。またリネンは水に濡れると強度が上がるので、長く使ってもへたりにくいのもポイントです。

ベビー用品の裏地×コットン・リネンワッフル

ワッフルは吸水性と伸縮性に優れた生地なので、さまざまなアイテムの裏地としてもよく使われています。特にスタイやおくるみといったベビー用品にはぴったりです。柄物だと可愛くなりがちですが、ワッフルだと長く飽きずに使えるので、自作のギフトにもおすすめです。

ワッフルのお手入れの仕方

ワッフルは「織り目の密度」によって強度が大きく変わりますが、タオル・キッチンクロスなどの生活用品以外は手洗いがおすすめです。天然繊維で作られている生地が多いため、コットンは紫外線による黄ばみ、リネンは縮みとシワには十分気を付けましょう。また、洗濯時の変形にも注意が必要です。ワッフルは水分を吸収しやすい特性を持っているため、自然乾燥する際に吊るして干すと生地が伸びてしまう可能性があります。特に衣類はしっかり水分を落としてから、太めのハンガーで干すか、平干しで乾かすようにしましょう。

機能性が高く、見た目もかわいいワッフルは、衣料品から生活用品まで幅広い形であなたの生活を豊かにしてくれるはずです。シンプルな生地に物足りなさを感じている方は、ぜひワッフルを使ったソーイングにチャレンジしてみてください。

nunocoto fabric商品ラインナップ nunocoto fabric商品ラインナップ
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
クリスマスツリータペストリー クリスマスツリータペストリー
1枚の布でクリスマスムードを演出できる、北欧風のツリータペストリー。

SNSをフォローして最新情報を受け取ろう!

Line

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。
また、サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。
ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙の商用利用について NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)に関する問い合わせ、作り方、または型紙のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。