無料型紙と布の通販サイト

ホーム
  • カートに入れる

ジョーゼットってどんな生地?生地の特徴を解説

ジョーゼットってどんな生地?生地の特徴を解説

上品なシボ感と、さらりとした肌触りが魅力の「ジョーゼット」おもに、春夏の衣料品で人気のジョーゼットですが、パーティードレスやイベント衣装など、華やかな装いにも広く使われています。そこで今回は、ジョーゼットの特徴についてご紹介していきます。

ジョーゼットとは?

ジョーゼットとは、タテ糸・ヨコ糸のどちらにも強く撚りをかけた糸(強撚糸)を使用して平織りし、仕上げに生地を縮ませてシボ感を出した「ちりめん」織物の一種になります。ジョーゼットとは一般的な名称で、正式には「ジョーゼット・クレープ」という生地になります。ジョーゼットの発祥は20世紀初頭のフランスで、もともとは絹を使った生地がジョーゼットの定義でしたが、現在では混紡素材や合成繊維を使った生地も多く作られています。

ジョーゼットの特徴

ジョーゼットはすこし特殊な生地なので、生地のグレードによって特徴や見た目が変わります。そこで今回は、ジョーゼットの特徴と合わせて、高価な生地と安価な生地の違いについてもご説明していきます。

特徴1:高級感のあるシボ

ジョーゼットの一番の特徴といえば、高級感のある生地面の「シボ(シワ模様)」です。このシボは、強く撚った2種類の糸を組み合わせることで生まれる特別な風合いです。高価な生地ほどシボがはっきりとしていて柔らかく、安価な生地になるとシボが少なくザラザラとした風合いになります。

特徴2:薄地で軽い

ジョーゼットは、向こう側が透けて見えるほど薄くて軽い生地です。そのため、見た目にもふんわりとした上品さがあり、ストレスなく着用できるのも特徴のひとつです。

特徴3:涼しい

ジョーゼットは、生地面にシボがあるので、肌触りがさらっとしており、熱がこもりにくいのが特徴です。吸湿性に優れた高価なシルクジョーゼットはもちろん、レーヨン・トリアセテートなどの合成繊維を使った生地も涼しく使うことができます。

特徴4:弾力性がある

ジョーゼットは収縮素材なので、伸縮性に優れており、生地に弾力があるのが特徴です。そのため、パーティーなどの華やかなシーンでも、シワを気にせずに着用することができます。

「ジョーゼット」と「シフォン」の違い

春夏の衣料品によく使われ、ジョーゼットに風合いが似ている「シフォン」という生地があります。どちらも薄くて軽い生地ですが、シフォンは撚りの少ない細番手の糸を使ったシンプルな平織り生地になります。また、仕上げの収縮加工も行わないため、表面にシボがないのも大きな違いです。生地の風合いや伸縮性に優れているのはジョーゼットですが、より薄地で軽さがあるのはシフォンなので、ぜひ生地選びの参考にしてみてください。

ジョーゼットの取り扱い上の注意

ジョーゼットはとてもデリケートな生地なので、日頃からていねいに扱う必要があります。その中でも、とくに気をつけなくてはいけないのが「ひっかかり」です。木製のインテリアなど、先の尖ったものにひっかけると伝線してしまうので、着用の際は十分な注意が必要です。

次に注意するのが「アイロン」です。パーティー用のワンピース・ドレスは、クローゼットに保管している時間が長いため、どうしてもシワがついてしまいます。ただ、ジョーゼットは熱に弱い生地なので、基本的にはアイロンを使用することはできません。クリーニング店に出すのがおすすめですが、どうしても自宅で手入れしたい方は、干した状態で軽くスチームをあてると、多少のシワは伸ばすことができます。ただし、スチームをあてすぎると、変形・変色の可能性があるので、注意しましょう。

仕立てるのに向いているアイテム

ジョーゼットは、薄地で歪みやすい生地なので、裁断・縫製ともに難易度はすこし高めです。ただ、他にはない独特の風合いを持った魅力的な生地なので、お気に入りの生地に出会った時は、ぜひソーイングにチャレンジしてみてください。

ブラウス・スカート

ジョーゼットは、軽くて涼しいという特徴以外に、ドレープ性に優れているのも魅力のひとつです。シンプルなデザインでも、少しギャザーを寄せるだけで、ふんわりとした上品な印象に仕上げることができます。また、ジョーゼットには無地以外に柄生地もあるので、さまざまなシーンで使えるアイテムを作ることができます。

パーティードレス

高級感のあるジョーゼットは、結婚式はもちろん、入園式・入学式にも使えるパーティードレス・ワンピースにもぴったりの生地です。また、ゆったりとしたシルエットでも、落ち感があって野暮ったくならないので、マタニティドレスにもおすすめです。

イベント衣装(コスプレなど)

ジョーゼットは、コンクールや発表会などの華やかな衣装にもおすすめの生地です。また、最近ではコスプレ衣装としても人気が高まっています。ジョーゼットの中にも、たくさんの種類の生地があるので、ぜひ生地選びの参考にしてみてください。

ジョーゼットのお手入れの仕方

基本的に、ジョーゼットはドライクリーニングの生地がほとんどですので、クリーニング店でお手入れするようにしましょう。どんなにていねいに洗っても、風合いが変わり、しわになってしまうので、とくに絹を使った高価な生地の水洗いは避けるようにしましょう。また、ポリエステルなどの合成繊維であれば、水洗い可能な生地もありますが、必ず洗濯ネットを使用するか、手洗いするようにしましょう。乾燥についても、乾燥機も使用することはできないので、自然乾燥のみになります。その際、ハンガーなどにかけて干すと、変形する可能性がありますので、軽く脱水したあとにシワをしっかり伸ばして、必ず平干しで乾かすようにしましょう。

カジュアルな衣服が好きな方には、馴染みの薄いジョーゼットですが、他の生地にはない魅力をたくさん持った生地です。縫製やお手入れなど、すこし扱いは難しいですが、ぜひ一度生地に触れてみて、ジョーゼットの魅力を体験していただければと思います。

▼商用利用について
■生地の商用利用について OK!
当サイトnunocoto fabricで販売している生地はすべて商用利用可能です。催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。
また、サイト内で紹介している無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。
ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

■無料型紙の商用利用について NG!
こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。
nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。

★詳しくはこちらの布および無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)の商用利用についてをお読みください。
▼無料型紙または作り方に関するお問合せ
恐れ入りますが、無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)に関する問い合わせ、作り方、または型紙のサイズ補正方法等についての質問には対応しかねます。申し訳ございません。
★詳しくはこちらの無料型紙(製図・パターン)についてをお読みください。
nunocoto fabric商品ラインナップ nunocoto fabric商品ラインナップ
テキスタイルデザイナーによる、プリント生地はこちらから購入可能です。
型紙・製図・ソーイングレシピ 型紙・製図・ソーイングレシピ
ハンドメイドの服や布小物の型紙・製図・ソーイングレシピです。
ファブリックポスター ファブリックポスター
布で飾るアート「ファブリックポスター」が新発売!
×